かたやまのこと :: 敦賀 かたやま酒店/フレンチ ル・サンオンズ

日本酒・洋酒販売:敦賀 かたやま酒店
フレンチレストラン:ル・サンオンズ

かたやま酒店ビルボード

HOME > かたやまのこと

かたやまのこと

About us

会社概要

ごあいさつ

日本酒の鑑定士でもあった祖父南市次郎が、明治34年に「かたやま酒店」を創業いたしました。そして昭和54年に有限会社かたやま酒店を設立。
現在は福井県を中心とした日本酒、九州から直送される本格焼酎、そして輸入元から届けられる様々な国のワイン等を、祖父の遺志を継ぐ唎酒師の資格を持つ四代目、ソムリエである五代目、そして共に働くスタッフと一本一本試飲を繰り返し吟味し、美味しい”SAKE”をお客様にお薦めしたいと、常々考えている小さな酒屋です。

販売運営会社についての表記

販売業者 有限会社 かたやま酒店
代表責任者 南 志郎
WEB担当者 南 志郎
所在地 〒914-0077
  福井県敦賀市栄新町3-14
電話番号 0770-22-0259
FAX 0770-22-9259
e-mail katayamasake@rm.rcn.ne.jp
営業時間 午前9時〜午後9時
定休日 日曜日
創業 明治34年
会社設立 昭54年5月
資本金 300万円

005.JPG

かたやま酒店のふるさと敦賀のこと

My home town Tsuruga

日本三大松原 気比の松原

気比の松原気比の松原は、「虹の松原」「三保の松原」とともに日本三大松原のひとつに数えられる国の名勝です。青い海と白砂青松の織りなす光景は、まさに自然美の傑作。かつては気比神宮の神苑として守られたところで、平均樹齢200年を超えるアカマツ・クロマツからなる17,000本の松林は、市民の散策路やジョギングコースとして親しまれています。敦賀市のシンボルともいえるところです。

桜の名所 金崎宮

金崎宮延元元年(1336年)恒良、尊良両親王を守護した新田義貞が足利軍と戦った古戦場です。戦いは厳しさを極め、尊良親王ら300人は籠城から半年後、城に火を放ち自害しました。中腹の金崎宮には両親王が祀られています。戦国の世には朝倉・浅井軍と信長・秀吉・家康の戦いの場にもなりました。小高い山にあるため眺めも良く、桜の名所としても知られています。

ダイビングの名所 水島

水島敦賀半島の先端近くに浮かぶ小さな島です。海水の透明度が高く、美しいことから毎年、大勢の海水浴客が訪れるようになりました。島の周辺ではウインドサーフィンやダイビングを楽しむ若者が目立ちます。夏には、色ヶ浜と浦底から渡し船が出ます。